Blog

スペイン研修レポート 4

4 グッゲンハイム美術館ビルバオ

今回のスペイン研修で私がリクエストして入れてもらった日程

長年の夢である

グッゲンハイム美術館ビルバオを見に行くことである

ビルバオはスペインの北に位置し。バルセロナからは飛行機約1時間移動。

バスク自治州で人口約35万人の都市。

グッゲンハイム美術館は近代美術専門の美術館

1998年開館

設計はアメリカ人建築家 フランクOゲーリー

大きな犬のモニュメントでお迎え!?

パピーといいます

皆さんよろしくお願いいたします

実物は生け花でおおわれています。

近くに行くとお花のいい香りがします。

美術館の外壁はチタニウムが使用されている。

独創的で有機的な曲面は戦闘機の設計CADを利用したといわれている。

とにかくコンピューターの恩恵か

複雑な建築は高度な計算をコンピューターで解析

ガウディがアナログ有機建築のパイオニアであれば

間違いなくゲーリーはデジタル有機建築のパイオニアであろう。

1995年のビルバオの観光客は2.5万人程度でした

グッゲンハイム美術館が完成して60万人以上の観光客になりました。

建築が美術館が街を蘇らせました。

今回、あこがれのビルバオに来ることができ皆さんに感謝です。

今後、私が挑戦していく建築はスケール感の大きいものになっていく予感がします。

建築の力、デザインの力で

地方都市の活性化、魅力あるまちづくりを頑張ります。

やっぱり締めもパエリアいただきました(写真はパスタです)笑