Blog

スペイン研修レポート 2

2 モデルニスモの傑作

モデルニスモとは19世紀末から20世紀初頭にかけて

カタルーニャ地方で興った芸術運動。その中でも

最高傑作であるといっても過言でないサグラダ・ファミリア。

ガウディはこの建設に生涯を捧げた。

1882年着工。1917年設計図完成。2010年正式な教会に認定。2026年完成予定。

聖堂内部は樹木のような有機的なデザイン。

その美しさと、スケール感に驚かされた。

エレベーターに乗る予定だったのですが生憎故障中。残念。。。

教会の上には登れませんでしたが、

おかげでほかのところをじっくり見ることができた。

約140年の工期。

一代では作れない建設。

ちょっと形は違うが伊勢神宮の式年遷宮を思い出した。

代々受け継がれていく美学みたいなもを感じる

おそらく人間本来の欲求なのだろう。

当時の大規模建築にいつもつきものの、設計者完成を待たずして、、、

 

でも何となくわかる

ガウディは惜しいと思ってはいなかったと

それは設計図が完成した時点で

彼は誰よりも早くその完成を頭の中に描いていたから。